ラテスパペットって何?

人のエステから生まれた、
大切なペットのためのメディカルエステです。

ビタミンオゾンの融合で作られる泡(ラテ)が、まるで温泉(スパ)に入ったような感覚を生み出し、大切なペットにリラクゼーション効果肌質改善を促します。

今までの当たり前を少し変えて、
美を養う『美養』という、
新しいカテゴリを取り入れませんか?

ラテスパペットを
体験できるサロン

大切なペットに、メディカルエステを体験させて見ませんか?
あなたのお住いの地域にラテスパペット導入サロンがあるかもしれませんよ。

詳しい情報につきましては、各サロン様へお問い合わせください。

ラテスパペット導入サロン様へ

選ばれる3つの理由

POINT
1
動物と一緒に楽しんで。

動物たちが、
嫌がらずに受けてくれる
グルーミング技術です。

POINT
2
手軽に確かな効果を。

時短と運用コスト面
での持続可能な貢献をします。

POINT
3
手荒れに悩まない。

スタッフさんの
負担軽減と美容効果を
もたらします。

コンセプト

動物が、怖がらない・痛がらない、だからスタッフの負担がない!

-母犬になったつもりで-
大切なペットのための
メディカルエステ

ラテスパの泡を手に持つと、動物のお母さんが当たり前にやっていることができるようになります。
トリミングサロンさんのお悩みやご要望をラテスパの不思議な泡が解決するのです。

無理のない肌質改善のイメージ

無理のない肌質改善の期待

刺激の無いオゾンを含んだ泡が、皮膚の炎症などを起こしている患部をやさしく改善する効果が期待できます。薬を使用しづらい場所にも活用していただけます。
身体の洗浄にのみ使用しても、「毛並みが良くなる」「匂いがいい」など、今までと違った飼い主さんの反応を感じることになるでしょう。

技術を覚えなくても大丈夫のイメージ

技術を覚えなくても大丈夫

ラテスパペットでは、キレイなラテさえ作ることができれば、その後の決まりはありません。そのラテを用いてただ洗うだけでも構いませんし、スタッフさんが持っている手技にプラスアルファの要素として活用していただくこともできます。
手に持ったラテをどの様に使用するかは皆さんの自由です!

楽しみながら施術をのイメージ

楽しみながら施術を

水嫌いな動物でも、ラテを嫌がらずに受け入れてくれますし、洗い流さずにタオルでくるむだけでもラテを取り除く事ができますから、面倒がありません。 その分、心の余裕を大事なペットに向けてお母さんになった気分で接してあげてください。
また、このラテを使うことで、スタッフさんご自身の手の肌質が良くなることを実感できるでしょう。

全国
動物病院の
看護師さん
ペットサロンの
トリマーさん
本気で応援しています!
太田先生

美養研究家
太田 良栄

美を養う『美養』という、新しいカテゴリの技術を導入してみませんか?

美容業界の中で、『美養』という考え方を大切に、
ラテスパの技術を考案いたしました。

- 人と人 -
- 人と動物 -
との関わりは、なんと言っても暖かな手技が必要です。

どんなに便利になっても、最後には必ず優しく触れ合う
”皆様の愛”が無くてはならないと信じています。


日本発のグルーミングマシーン・ラテスパペットがご提案いたします。

痛くない・怖くない なのに、様々な改善が期待できる効果があるのです。

低濃度オゾンがもたらす効果

殺菌効果

オゾンの酸化力は、細菌からウイルスに至るまで病原性微生物を殺菌する作用があります。低濃度のオゾンを使用で、ペットの皮膚を清潔に保つことで出来ます。

消臭効果

ニオイの元から分解するため、消臭・脱臭の効果があります。
動物にも安全な濃度で使用することで口臭や排泄の匂いなどもすぐにクリーンな環境をもたらします。

細胞賦活効果

肌の細胞を活性化する働きがあり、シニア化した動物たちのQOL向上に対しての効果も期待できます。また、皮脂や被毛の汚れも分解しますので、毛艶も良くなります。

オゾンビタミンが融合したラテを活用すれば、
以下のような症状の解消・改善に繋がります。

  • 脂漏症
  • 毛玉
  • 毛穴の赤み
  • 涙やけ
  • 口腔内の悪臭
  • 肛門の炎症
  • 脱毛
  • etc...

もちろん、確かな効果を裏付ける
様々なPAT資料もございます。

特許

[平成21年8月7日]
特許第4352226号「オゾン皮膚洗浄装置」
[平成22年1月29日]
特許第4446228号「浴槽、洗顔容器等における石鹸とオゾンによる流体放出器の皮膚洗浄装置」
[令和3年2月12日]
特許第6837383号「気体放出部材及び気体供給装置」

実用新案登録

[平成19年2月28日]
登録第3130240号「泡立用のオゾンと空気発生器と流体放出器との組合せ」
[平成19年6月20日]
登録第3133332号「洗顔用のオゾン発生器と流体放出器との組合せ」
[平成24年11月21日]
登録第3180258号「食品用及び身体用の洗浄装置」
[平成28年3月23日]
登録第3203726号「飼育動物用オゾン供給装置」

参考資料

オゾンバブルの動物病院への応用

オゾン学会資料 201802

北海道小動物獣医師会資料 201911

上記の資料は、導入店舗様向けページ内でいつでもご覧いただけます。

また、デモをご希望されたお客様には、お伺いした際に一部をご提示しております。